コンビニ人間

    芥川賞を受賞した村田沙耶香著『コンビニ人間」を読みました。

    それはとても奇妙な世界で、今自分が生きている「普通」の毎日がガラガラと崩れるような、とても不思議な体験でした。

    舞台は「コンビニ」という私たち誰しもの生活の一部となっている場所での一見何てことない日々。

    主人公の古倉恵子は36歳独身。就職はせず18年間ずっとコンビニ店員として働いています。

    彼女は自分を人間ではなく、コンビニで働くことでしか世の中の波に乗れない生き物だと思っています。

    それは決して何かキッカケがあったわけではなく、ただ産まれた時から人とはかなり違くて、大人になった今でも「まっとうな人間」というものが何か分からないのです。

    そんな彼女の目の前に現れたのは、全く真逆の感覚を持った新入り男性、白羽。

    偏りすぎた男尊女卑、自意識は異常に高く、社会に馴染めたことはもちろんなく、世の中を何かのせいにしなきゃ生きていけない、普段私たちが除け者にしてしまうであろう人物です。

    彼との出会いによって、それまで自分を隠して「人間」の波に身を潜めていた恵子の日々が少しずつ変わっていきます。

    大半の人がきっと、この白羽の主張にゾッとし自分とは違う世界の人だと感じ、どこか安心もするのでしょう。

    ただ、私には彼のこの生きにくい気持ちをどうしても真っ向から否定できませんでした。

    それは人から一度も許された事なんかない主張で、疎外しか受けなかった人間しか知らない、自分自身にも対処不能なほどになってしまった大きな何かの固まり。

    全くぶれないキャラ設定と、奇妙だけど淡々と過ぎる毎日にどんどん惹き込まれ、一気に読みきってしまいました。

    ただ、今日生きているこの日々や、自分の存在価値を考えてしまうとても苦しい作品でもありました。

    読み終わってすぐ、一体今まで「普通」と思っていたものは何だったのだろうと途方に暮れてしまいました。

    私たちの日常がグロテスクな程に奇妙な光景に生まれ変わっている感覚を是非体験してみてほしいと思います。

    似たカテゴリーの投稿