「砂の女」 安部公房

    安倍公房の作品にたびたび登場するシチュエーションに何か人間にとって大切なものを失うというものがあります。そして、その何かを失った主人公の心理がだんだんと変化していく過程が面白いと思っているのですが、今回のこの「砂の女」では、厳密にいえば何かを失ったわけではないのですが、失っています。

    簡単に説明すると、主人公が昆虫採集に訪れた砂に囲まれた村落に宿泊するのですが、その主人公がその宿に閉じ込められてしまい、家に帰れなくなるというお話なのですが、その閉じ込められた宿の中に一人の女がいるのですが、その女と日々を過ごす中で、主人公の心理に徐々に変化が生まれていきます。

    安倍文学の特徴はわりと不思議な題材を扱ってはいるものの、そこには一貫した自己喪失や再生といったテーマが存在しており、そこに読者が自己を投影するのが読んでいる中での楽しみでもあります。特に私が印象的であったシーンとしては、クライマックスにほど近いのですが、男が砂に囲まれた家で脱出できない生活に適応し、むしろ砂の外の世界よりも砂に囲まれて一人の女性とともに生活をするほうが快適なのではないかということを考え始める部分です。

    ここに私は人間にとって幸せとは何かということを深く考えてしまいました。世の中にはあらゆるものがあり、あらゆる人がいます。その中であらゆる選択をして、自分の好きなように生きていくことが幸せであると一般的には考えられがちですが、その中で、失われていく自己であったり、本当に心から通じ合える他人の存在の欠如などから、もしかしたらこのような世界で漂うことはむしろ不幸なのではないかという考え方から、むしろどこにも行けない、何も選べない、でも心から信頼できる人が一人だけそばにいるといった状態のほうがむしろ幸せなのではないかもしれないと思わせてくれるのです。

    人間は情報に囲まれて生きていますが、その情報によって過度に不幸を感じてしまいがちにもなりますが、だったらむしろ逆の世界のほうが幸せなのかもしれないと考えさせてくれる作品だと私は思います。

    似たカテゴリーの投稿